仮定法で過去完了の仮定法過去完了と直説法の完了との対応関係は?

仮定法過去完了は過去のこと?

仮定法過去完了は過去のこと? < 高レベル英語学習 - 無料オンライン英語講座 < HOME

TMシステムの英語学習革命

英語習得が実現するなら
それは、英語学習革命!

ここに時制&仮定法というあなたがマスターできなかった英語の領域がある。これは、マスターしようと文法書や参考書を読みまくっても決してマスターできない英語領域であり続けてきた。あなたも彼も彼女もA先生もB先生も、実は著者Aも著者Bもマスターしていない英語文法領域である。

「冠詞は苦手、でも英語はマスターしている」なんて英語マスターはありえない。「仮定法はよくわからないけど英語はマスターした」なんて英語マスターもありえない。「関係代名詞はまあまあ、関係副詞はいろいろわからない点があるが、まあそれでいい。関係形容詞なんてものは自分とは関係がない」なんて学習姿勢だと英語習得なんてものは関係ないことになる。

実はあれもこれも苦手、あれもこれもよくわかっていない、あれもこれも知らない――その結果、英語習得は全く結実しないか、小さく結んでも熟さず、苦いまま、小粒のまま地に落ちる。英語学習20年、30年、40年で英語がマスターできない、教え方が悪いのか、学び方が悪いのか――確かに教え方も学び方も悪い、しかし教える側がよくわかっていないのに学ぶ側がよくわかるということは絶対にないのだ。

高レベル英語学習」第4部の「英語の仮定法って、どんなmood?」から「仮定法過去完了は過去のこと?」の6ページはTMシステムの一端を担う、無料講座ながらTMシステムに直接組み込んである特別講座で、英文法の難所中の難所「時制&仮定法」 を学習テーマにTMシステムという名の英語学習革命を実際に体験していただき、「TMがある今は英語を本当にマスターできる」道理を理解していただくことをその目的とする。

TMシステム(The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

学習レベルが高くても、本当にわかっている人が必要な説明を尽くして教えれば、本気でわかろうとする人はわかる、それがわかる。

[問] 仮定法過去完了は過去のことに関してのみ使う仮定法なのか?

(続く)

TMシステム

Copyright © 2014, 2015 遠藤緯己 All rights reserved.

Prev: 仮定法未来の未来は?
高レベル英語学習 - 無料オンライン英語講座 < HOME

 ^^ Back to Top

英 語 学 習
21世紀の選択

Choice of Choices
21世紀はライティング力がモノを言う

英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

http://www.e-dojo.jp

ハイテク英語道場
  • Unit1文法プラス技法
  • Unit2テクニックの3タイプ
  • Unit3簡潔プラス簡潔化
  • Unit4強調プラス強調構文
  • Unit5構文プラス構文展開
  • Unit6変形プラス変形テクニック
  • Unit7ingで人生学

今はTMがある

■■■■■■■■■■■■
英語教育のSEA CHANGE  
英語学習のGAME CHANGER
■■■■■■■■■■■■

With the TM System now in place,  
it's time to move on and on and on.

TMシステム

芭蕉の名句は

古池や 蛙飛び込む 水の音

で、

古池や 蛙飛び込み 水の音

ではない。

世界一有名な俳人の世界一有名な俳句が
世界的に誤訳になっているとしたら。

古池

英語で俳句、俳句で英語

ライティング力がモノを言う
21世紀にモノ申す、

英語のライティング、ライティングで英語

文法プラス技法の英文ライティングは
和文英訳レベルの英作と本質的に違う

英語教育のthe moment of truth

英語の仮定法って、どんなmood?

皆が間違ったことを教えているから
といって、誤りは正しくならない。

英語教育版『裸の王様』のお話

英語学習にもドラマが
ありえるなら、
英語教育にも劇的瞬間が
ありえるなら、
それは
英語革命NOW!

英語習得、英語マスター、英語革命NOW!


一直線、英語マスター

beelineの英語online講座

ここが英語マスター直行路「TM」の門

TM(The Thorough Mastering System):
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

Time to spread your English wings.
Swing into action.