英語の数字(figure)を数字表記すべきかスペル表記すべきかは文法の領域でなく、ライティングの領域、慣用だけでなく個性も反映する。

Japlish is at its best funny,
but usually it's just foolish.

100%で japlish のキャッチコピー

Japlishの2大特色「非文法&意味不明」のみの100%純Japlish、とは100%不純な英語ですが、とにかく100%の純度に到達したキャッチコピーもありますね。

キャッチコピー:
100% of the ingredient are made of Nature.
Join Earth Treasure to you.

化粧品のキャップのキャッチコピー、2センテンスとも「非文法&意味不明」のaccomplished Japlish。まず第1文を100%、of the ingredient、are、made of Natureの4つに区切って見ていきましょう。4セグメント全部誤りで純度100%。

(1) 100%:
この100%は100%誤り。数字(figure)で文を始めないのは英文ライティングの基本ルール、文頭100はスペル表記でOne hundred、それに記号%をつけたOne hundred %もルール違反。従って100% → One hundred percent(percentsは非文法、作者はそう思っているようですが)。
(2) of the ingredient:
ingredient(成分)は可算名詞(countable)、従って、この化粧品がたった1つの成分でできていない限りthe ingredient → the ingredients(ラベル表示では20種類の成分入り)。
(3) are:
100% of the ingredientは単数扱い、従ってare→is、もし(2)の誤りを犯さなかったら、100%を100 percentsと思い込んでいても見た目は同じ100% of the ingredients are、英語運が悪いと言うか、Japlish運がよいと言うか。
(4) made of Nature:
Nature is nature; what is made of nature is nature itself.(自然は自然、自然でできているものは自然それ自体)、故にmade of Natureは「意味不明」。大文字Natureは自然の擬人化(personification)、Natureは「自然の女神」でありMother Nature(母なる自然)、それならof→by、made of→made byで意味は通る(大へん変なmake of natureよりmade of Natureはさらに変で、本当に大変)。

従ってキャッチコピーの第1センテンスを訂正すると、

  1. One hundred percent of the ingredients are made by Nature.

自然な、つまり普通の英語に書き換えると、

  1. The ingredients are 100% natural.

man-made(人造の)にひっかけた造語(coinage) nature-made(自然造り)でキャッチコピー風味を出すと、

  1. The ingredients are 100% nature-made.
[問]
d.のsimply incomprehensibleを最大限で強調しなさい。
  1. The second sentence is simply incomprehensible.
    (第2文は全く意味が解せない)

「最小限」ならe.のsimply→totally。

  1. The second sentence is totally incomprehensible.
[答]
  1. The second sentence is incomprehensibility, pure and simple.
    (第2文は純然たる意味不明)

ということでキャッチコピーの第2センテンスは「意味不明」、おまけに「非文法入り」――join A to B(AをBに結合する)構文で命令文(imperative sentence)、この命令文の主語は省略されているyouですからto youは非文法、正しくは再帰代名詞(reflexive pronoun)でto yourself。

「応用する」以外にput(つける)の意味もあるapplyで以下のように表現するなら、「この化粧品を使ってみな」を応用的に表現したのだなあと「意味深長」に解釈してもらえますね。

  1. Apply this portion of the Earth's treasure to yourself.
    (この地球の宝を使ってみな)

キャッチコピーから100%、made、Natureの3語句を受け継ぎ、「Japanese+foolish」のようなJaplishではなく、もうひとつの「Japanese+English」でいくなら私のブランド英文キャッチコピー「JAブランド」(和·英文一体成形コピー)、コクのあるプロのコピー。

キャッチコピー(JEブレンド):
We have a hand in Nature.
自然に手を染めて、天然成分100%
Our products are 100% made from Her produce.

have a hand in(に関与する)はイディオム、have a hand in Nature「自然に手を染める」は英語でも日本語でも意表をついた斬新な表現。

脳味噌を絞ってもたった1、2センテンスのまともな英文が作れないコピーライターは英文に手を染めるべからず、ですが英語に手を出すことはできますよ。英単語レベルならhaplessなJaplishになりようがない、ひとつお手本を示しましょう。

キャッチコピー(JEブレンド):
eigodojo
英語でどうする
英語でdoする
英語道の英語DO

www.e-dojo.jp

「2019」のライティング、ネイティブのスピーキング力

2019 was Australia's hottest and driest on record, and the resulting fires all but exhausted the men and women constantly called to battle them. Peter Holding, 66, who has been a volunteer firefighter for 43 years, says he's never seen anything as severe as last summer's bushfire season—a devastating period now known as the Black Summer. “There's going to have to be some very serious effort put into reducing emissions if we're going to stop this from getting any worse,” he says.
(2019年はオーストラリアの記録上もっとも暑い、もっとも苛酷な年で、そのため発生した山火事の消火を絶え間なく命じられる男女のボランティア消防隊員たちはもうへとへとになってしまった。これまで43年間ボランティア消防士を務めた66歳のピーター·ホールディングは、今やブラックサマーと知られる大被害を与えた期間――昨年のオーストラリア奥地の山火事シーズンのような厳しいものはかつて見たことがないと語る。「係る事態をこれ以上悪化させないつもりなら、二酸化炭素排出量を減らす真剣な取り組みがなければならない。」)

出典: TIME 2020年12月21日、28日合併号 p. 21
[問1]
数字でセンテンスを始めないライティングの慣用ルールを破る「2019」を改めるとすれば、どう表現することになるのか。

– 続く –

 ^^ Back to Top


英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

プロを知って、英語を知る

プロ英語教育の1箇月
1万円のプロ英語学習

The truth is, English is in no way
what you have thought it is.

 英語は論理的な言語と言われてきたし、実際、非常に論理的な言語であるが、あなたは本当に英語の論理の通り方、通し方がわかっているだろうか。
 英語力を根本的に伸ばし、伸び続ける英語力を根本的につくりあげるためには、まず、英語の見方、見え方が変わる必要がある。

Aim high. Time to spread your
English wings. Swing into action.

英語オンライン講座
TMシステム入門講座

英語の門、英語入学の100日

受講料:3万円 (税別)

TMシステム入門講座受講案内

英語を英語たらしめている
英文法と英技法に関して
知識不足がある限り、
理解不足がある限り、
実力不足であり続ける。

TMシステム (The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

時  は TM
TiMeもTM

Time flies.  Now is the time
to spread your English wings.