英語では未来のことを仮定法で表現する場合は主として仮定法過去、仮定法未来とは何?

You have a choice. But you have no choice but to choose “pro” when it comes to never failing to master English thoroughly.

英語教育にもプロとアマがある。英語習得を達成できる英語教育がプロであり、それは、英語の文法と技法の全容を実際的に深く、深く実際的に教えきるTMシステムのことである。

英語教育のゴールは、言うまでもなく、英語習得であるが、この道を進んで行けば必然的にゴールに至るという道、つまり、英語学習システムが確立されていなければ、ゴールは架空のもの 、たんなる理想にほかならない。

「プロ」を教える「高レベル英語学習」の6ページ:

仮定法未来はただの仮定法過去ではない

Should players make it on the global stage, the pressure can be enormous. Before Nishikori was beaten in the U.S. Open final by the 198-cm Cilic, Japan's Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said that a Japanese victory would be “a historic event not only for Japan but for all of Asia.”
(万一スポーツ選手が国際舞台に立とうものなら、プレッシャーは途方もなく大きくなりかねない。錦織が全米オープン決勝で身長198cmのチリッチに敗れる前、菅義偉官房長官曰く、日本の勝利は「日本だけでなくアジア全体としても歴史的出来事」となろう)

出典: TIME 2015年11月19日号 p. 32

昔は if節shouldで「万一・・・ならば」を仮定法未来と呼んでいた。仮定法未来が過去のものになった今は、shouldはshallの過去形だから、まずは仮定法過去と呼んでおこう。

文法レベル:
If players should make it on the global stage,
技法レベル:
Should players make it on the global stage,

– 続く –

 ^^ Back to Top


英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

プロを知って、英語を知る

プロ英語教育の1箇月
1万円のプロ英語学習

The truth is, English is in no way
what you have thought it is.

 英語は論理的な言語と言われてきたし、実際、非常に論理的な言語であるが、あなたは本当に英語の論理の通り方、通し方がわかっているだろうか。
 英語力を根本的に伸ばし、伸び続ける英語力を根本的につくりあげるためには、まず、英語の見方、見え方が変わる必要がある。

Aim high. Time to spread your
English wings. Swing into action.

英語オンライン講座
TMシステム入門講座

英語の門、英語入学の100日

受講料:3万円 (税別)

TMシステム入門講座受講案内

英語を英語たらしめている
英文法と英技法に関して
知識不足がある限り、
理解不足がある限り、
実力不足であり続ける。

TMシステム (The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

時  は TM
TiMeもTM

Time flies.  Now is the time
to spread your English wings.