Better late than never.
(遅くてもしないよりまし)

A promise kept late is just as much of a fulfilled promise as a promise kept promptly. A whole lot better late than never. Nevertheless, your procrastination might compromise your promise: your “late” and “later” may never come.  Not only should you be as good as your word, but in carrying it out, the sooner, the better.
(遅ればせに果たした約束も、さっさと果たした約束も約束を果たしたという点では全く同じこと。果たさないより、遅くなっても果たすほうが断然よし。とは言うものの、遅延は約束を傷つけかねませんね。「遅れて」とか「後で」は全く当てになりませんから。約束は当然守るもの――約束を実行に移すなら、早ければ早いほどよし)

「遅くてもしないよりはまし」を普通に英訳するとa.、表現をレベルアップするとa. → b. → c.の変形(transformation: 意味が変わらず形態が変わること)プロセスで簡潔化を進めることになります。

  1. It is better to do late what you have to do than not to do it.
  2. It is better to do late what you have to than not to do it.
  3. It is better to do late what you have to than not.

a.→b.でhave to doのdo省略、b.→c.でnot to do itのto do itを省略、ここでlateをthanの前に移動――to do what you have to do lateだとlateはto doのdoではなくhave to doのdoにかかってしまうのでlateをwhat節の前に置くa.のto do late what you have to doの語順になりますが、have to doのdo省略(b.)により、lateをthanの前に移動することが可能――lateとnotをコントラストさせると表現レベルで通用するd.になります。

  1. It is better to do what you have to late than not.

ここで簡潔化をもう一歩推し進め、It is省略の大技で勝負すればe.。

  1. Better to do what you have to late than not.

文法の土俵から足を出さずに表現技を競うとすれば、ここが限界。ですからf.やg.は「勇み足」――と文法審判はくだりますが、そこは表現に「特別効果」あっての諺、文法を押し立てずに表現の顔を立てる特別扱いとなります。

  1. Better late than not.
  2. Better late than never.

簡潔化による語句のコントラスト強化の手法を、文末(第一の強調の座)単独(than以下1語)で際立つ、それ自体インパクトのある否定語(not、never)で加勢――これがf.、g.の表現手法の手の内。

[問1]
f.とg.では、つまりnotとneverではどちらが表現的に上手か。

neverはnotより強意だからneverがupper handなんて単純論理、表現レベルでは通用しませんよ。ですがここではneverに軍配が挙がります。共に2音節で、アクセントのくる第1音節の母音は共に[e]、さらに語尾も「-er」で揃ったbetterとneverのペアが語句のコントラストを鮮明にしますから。

[答]
g.

ではひとつ復習、Better late than never.と変形的近縁であるもうひとつの諺Better safe than sorry.を変形的に生成してみましょう。

[問2]
空所に適語を1語ずつ補い、Better safe than sorry.に至る変形プロセスを完成しなさい。
  1. (      ) (      ) better (      ) (      ) safe than (      ) (      ) sorry.
  2. (      ) (      ) better (      ) (      ) safe than sorry.
  3. Better (      ) (      ) safe than sorry.
  4. Better safe than sorry.
    (ことわざ:転ばぬ先の杖)

10語(h.)が4語(k.)に簡潔化、言葉の節約で表現力を4語に集約――h.→i.でto不定詞句(to be safeとto be sorry)の比較から語頭「s」で呼応する2語safe、sorryの1対1のきびきびしたコントラストに変わり、このコントラストを極限まで強めると諺のk.。

[答]
  1. It is better to be safe than to be sorry.
  2. It is better to be safe than sorry.
  3. Better to be safe than sorry.
  4. Better safe than sorry.

少々文法を逸脱した表現の逸品をめでるためには、目に見えない背後の変形的動きがわかる必要あり、ですね。

[問3]
以下の諺を文法的に説明しなさい。
  1. Better the devil you know.
    (ことわざ: 知った悪魔の方がまし)

このdevilは「厄介事」でも「災難」でも「いやな奴」でもありますが、これはBetter the devil you know than the one you don't.(正体不明の悪魔より正体のわかっている悪魔の方がよい)の簡略版――英語版の「うわさをすれば影」にも悪魔が出現しますが、これも簡略版が一般的、短く切り詰めたきびきびした表現を好むということでしょうが、ひとつの諺に2度悪魔(the devilとthe one、the devilとhe)を出すのを忌む心理も働いているかも。

  1. Speak of the devil, and he will appear.
    (ことわざ: 悪魔の話をすると悪魔が現れる)
  2. Speak of the devil.

Better the devil you know.で最低限必要な文法説明は、Betterとthe devil (whom) you knowの文の要素(element of the sentence)――2つの語句の文の要素がわからないということはこの諺の文法がわからないということ、つまりさっぱりわからんということ。文意から判ずるとthe devil you knowは主語でBetterは補語らしい、でも補語がどうして主語の前にある? 動詞はどこへいった?――諺だから、で済ませるならno better than no explanation。

[答]
以下の変形プロセス。
  1. The devil you know is better than the one you don't.
  2. The devil you know is better.
  3. Better is the devil you know.
  4. Better the devil you know.
o.→p.:
than以下を省略。
p.→q.:
倒置で主語と補語のポジションが逆転、補語betterは文頭に移動。
q.→l.:
述語動詞isを省略。

変形のプロセスがすっかりわかると、この諺の文構造がすっきり理解できますね。ですが、これで、文法解説だけで満足できますか。文法だけで満足できるようでは、英語学習者としてまだ半人前。なぜって英語は「文法プラス技法」の言語――なぜ than 以下を省略するのか、なぜ倒置するのか、なぜisを省略(こんな生意気なことをテストでやったらばっちりバツを食らいますぞ)するのか、この「なぜ」は文法ではなく技法の領域にあり、文法の「どのように」と技法の「なぜ」の両方が解けて初めて100%完璧な理解に至るのですから。

技法展開
o.→p.:
簡潔化で表現を活性化――文意の了解があればthan以下は単なる補足説明、than以下削除のマイナスは表現力のプラス。
p.→q.:
than the one you don'tを取ると目につくのが主語The devil you knowの頭でっかち――倒置で頭でっかちの不体裁が解消すると同時に表現に変化がでる、特に文頭1語で際立つBetterは売り(Betterの際立ちが文全体を引き立てる)。
q.→l.:
まずBetter is the devil...とBetter the devil...を実際に発音してみる――するとBetter the devil...の方が口調がよいことに気づく、アクセントのあるBetterの[e]とdevilの[e]の交響がis省略で強まる(theには強勢がなくthe devilは1語のように発音されるので、強勢のある母音[e]を有する2語が連続する音響効果が生じる)からである。
[問4]
以下2つの諺に共通する複数の表現テクニックの中で最も中心的な表現技法は何か。
  1. Better late than never.
  2. Better the devil you know.

文法の仕組である変形を表現力発揮の技法として活用するのが英語の頭、省略変形を駆使して文頭に立ったBetter late than never.のBetter、省略変形に倒置変形を連動させて文頭に躍り出たBetter the devil you know.のBetter――この2つのBetterは共に形容詞goodの比較級で補語、この際立つ文頭主語1語Betterの際立ちで文全体を際立たせる表現テクニックが最も中心的な表現技法。

[答]
単独トップ。

Don't put off until tomorrow what you can do today.
When it comes to having a good command of English,
“the sooner, the better” is a whole lot better than
“better late than never”. 今日できることは明日に延ばすなかれ。英語習得なら、「早ければ早いほどよい」が「遅れてもしないよりまし」よりずっと、ずっとまし。

 ^^ Back to Top


英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

プロを知って、英語を知る

プロ英語教育の1箇月
1万円のプロ英語学習

The truth is, English is in no way
what you have thought it is.

 英語は論理的な言語と言われてきたし、実際、非常に論理的な言語であるが、あなたは本当に英語の論理の通り方、通し方がわかっているだろうか。
 英語力を根本的に伸ばし、伸び続ける英語力を根本的につくりあげるためには、まず、英語の見方、見え方が変わる必要がある。

Aim high. Time to spread your
English wings. Swing into action.

英語オンライン講座
TMシステム入門講座

英語の門、英語入学の100日

受講料:3万円 (税別)

TMシステム入門講座受講案内

英語を英語たらしめている
英文法と英技法に関して
知識不足がある限り、
理解不足がある限り、
実力不足であり続ける。

TMシステム (The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

時  は TM
TiMeもTM

Time flies.  Now is the time
to spread your English wings.