there is構文を構造パターンとして反復する諺Where there's a will, there's a way.の手法と技法。

2つのthere is構文の重ね織り Where there's a will, there's a way. の構造パターン美

英語、ことわざ10選-8. Where there's a will, there's a way. < 英語、ことわざ10選 < HOME

English sayings speak volumes about English.

英語の諺(ことわざ)は英語を大いに語る

Where there's a will, there's a way.
(精神一到何事か成らざらん)

There's no doubt that will power is the key to success, and that the more you have of it, the more likely you are to make it. Although it is not so clear how one's will effects the desired results, there's no denying that where there's a will, there's a way.
(意志力が成功の鍵であり、意志力があるだけ成功の可能性が高くなるのは確かですね。自分の意志がどのように望む結果をもたらすかはそれほどよくわからないものの、意志のあるところ道ありであることは否めません)

[問1]
以下2文が同義となるよう空所に適語を1語ずつ補いなさい。
  1. Where there's a will, there's a way.
    (ことわざ:精神一到何事か成らざらん)
  2. A (        ) (        ) (        ) (        ) (        ) is.

民主主義のスピリットを一言で言い表せ、と言われたらリンカーンのgovernment of the people, by the people, for the peopleを挙げることになるでしょうね。英語はどんな言葉か一文で示せ、と言われたら、あなたは途方に暮れるかもしれませんが、私は迷わずWhere there's a will, there's a way.を挙げますよ。2つのthere is構文が重なる構造美、その重なる2つのthere is構文を美しく重ねる構成美、2つの重ねに変形(意味が変わらず形態が変わること)なる文法の仕組を応用し表現効果を高める「技法レベルでの文法展開」――ここに英語のスピリットが顕現し、この諺は英語のepitome(縮図)と言えますから。以下の変形プロセス(b. → c. → d. → e. → a.)でb.より発し、a.が生成します。

  1. A way is where a will is.
  2. There is a way where there is a will.
  3. Where there is a will there is a way.
  4. Where there is a will, there is a way.
  5. Where there's a will, there's a way.
b.:
where a will is=in a place where a will is、where自体はisを修飾、副詞節where a will is全体はA way isのisを修飾。
b. → c.:
b.文をthere is構文に変形。
c. → d.:
where there is a willを文頭に移動することで従属節(Where there is a will)、と主節(there is a way)がコントラストし、a willとa wayのコントラストが鮮明になる。
d. → e.:
従属節の後にコンマを打ち、文頭where節をさらに際立て強調。
e. → a.:
2つのthere isをthere'sに短縮することで、語頭「w」で揃った2語will、wayのコントラストがさらに鮮明になる。

最初のb.と最後のa.に表現的巧みと卓越あり――構造・構成美という点では、ど真中whereで左右対称(語頭「w」の3語way、where、willの配置配列は表現美)のb.文は諺のa.に少しの遜色もありませんね(これ手前味噌ではありませんよ)。

[答]
  1. A way is where a will is.
[問2]
以下2文はコンマとダッシュ、there'sとthere isの違いを除けば同構造か。
  1. Where there's a will, there's a way.
  2. Where there is a will—there is a way.

同構造か? 同構造なら「問」うまでもない、違うならどこが違う?――thereが違う、there is a wayのthereが違いますね。このthereには「そこに」の意味あり、換言すればf.のthere is a wayはthere is構文にあらず、一方there is構文のthereには「そこに」の意味なし(文法では虚辞[expletive]に分類)ですから、here(ここに)と一緒に使っても矛盾は生じません。

  1. There is plenty of room for discussion here.
    (ここには大いに議論の余地がある)

f.のthere is a wayはthere is構文ではありませんからa.のようにthere is → there'sと短縮することはできません。従ってf.のthere isをthere'sに短縮したh.は非文法。

  1. *Where there is a will―there's a way.

以上は文法レベルの説明、技法レベルで解説すると以下になります。

  1. A way is where there is a will.
    (意志のあるところ方法あり)
  2. Where there is a will a way is.
  3. Where there is a will, there a way is.
  4. Where there is a will, there is a way.
  5. Where there is a will—there is a way.
    (意志のあるところ、そこに方法あり)
i.:
副詞節where there is a willはA way isのisを修飾。
i. → j.:
where節を文頭に移動。
j. → k.:
where節の後にコンマを打ち文頭を際立てwhere節を強調すると同時に、where節を言い換えたthere(そこに)を立てwhere節の意味をさらに強調、と同時に文構造を強化。
k. → l.:
there a way is → there is a way、倒置でthereを強調。
l. → f.:
コンマをダッシュに代え、文頭where節とthereのコントラストを鮮明にして両者を強調。

where節をthereで言い換えるこの反復テクニックは 強調構文(emphatic construction)の1タイプ、whatever節をthatで言い換えたn.も同類の強調構文――It...thatの強調構文だけが英語の強調構文ではありませんよ。

  1. Whatever he predicted has come to pass.
    (彼が予言したことはことごとく実現している)
  2. Whatever he predicted, that has come to pass.
[問3]
以下の文を英訳しなさい。

悪いことは悪いこと。

wrongを形容詞(悪い/不正な)でwhat is wrongでいくか、名詞(悪/不正)単数形a wrong、複数形wrongsでいくか、選択肢は3つに分かれますが、「悪いこと」の構造レベルの反復方法は2つありますね。

[解答例]
  1. A wrong is a wrong.
  2. Wrongs are wrongs.
  3. What is wrong is what is wrong.
  4. What is wrong is wrong.

関係代名詞whatを利用し同一構文(ここではwhat is wrong)を繰り返す2つのやり方(q.とr.)は構造レベルの反復テクニックの基本――特にr.のように同一構文を「重ねる」構造的織りには構成美があり、好んで活用されます。以下2つの諺もこの「重ね」のバリエーション。

  1. Whatever is worth doing at all is worth doing well.
    (ことわざ: いやしくもなすに足ることなら、りっぱにやるだけの価値がある)
  2. What's done cannot be undone.
    (ことわざ: 覆水盆に返らず)

以下の英文を見て、どこか「特別」だと感じませんか。

  1. You should do your best to undo any wrong you have done.
    (犯してしまったどんな誤りも正すべく最善を尽くさねばならない)

u.文の「特別仕様」は同一の構造パターンの反復にあります。同文の省略語を補うと以下のごとく「S+V+O」の模様が3つ浮き上がりますね。

S V O S V O O S V
You should do your best (for you) to undo any wrong (that) you have done.

関係代名詞thatはdoneの目的語、for you to undo any wrongのyouは不定詞undoの主語(不定詞[infinitive]の主語を「意味上の主語」と誤称しているが、これはれっきとした構造上の主語、つまり主語)、thatの省略は任意ですが、for youは文法ルール(不定詞の主語が述語動詞の主語と同一内容である場合は不定詞の主語を省略)上省略しなければなりません。「S+V+O」3模様にアクセントをつけるのがdo、undo、doneの「V」の多様なdoトリオ――構造レベルの反復テクニックはライティングの奥義のひとつ、その一般原理は、

Where there're constructional patterns, there're conspicuousness and attractiveness.
(構造パターンのあるところに目と心を引くものあり)

と言うことになりますね。

[問4]
以下の文を表現レベルで訂正しなさい。
  1. They make a point of warning hikers of the danger of encountering bears.
    (彼らは必ずハイカーに熊に出くわす危険があると注意することにしている)

何事にも表裏があり、プラス面とマイナス面があるもの――of warning hikers、of the danger、of encountering bearsと連続すれば「of+2語」の構造パターンが鮮明に浮き出ますが、これは「目障り」、表現レベルで意図的に創ったプラスのパターンではなく、文法レベルでひとりでにできてしまった、目立つ必要のないところで目立ってしまった(熊さんにご注意という内容をことさらこって表現する必要なし)マイナスのパターン――そこで表現レベルの訂正は、この出しゃばりな構造パターンの効力を薄めるか、消し去ることになりますね。

[訂正1]
「of+2語」を1つ減らす。
訂正文1:
● make a point of+動名詞(必ず…することにしている)
→ make it a point+to不定詞
  1. They make it a point to warn hikers of the danger of encountering bears.
訂正文2:
● of the danger
→ about the danger
  1. They make a point of warning hikers about the danger of encountering bears.
[訂正2]
「of+2語」を2つ減らす。
訂正文3:
● make a point of warning hikers
→ make it a point to warn hikers
● of the danger
→ about the danger
  1. They make it a point to warn hikers about the danger of encountering bears.

warnの意味は「警告する」ですからwarn hikers of the danger of encountering bearsのthe danger ofを取ったwarn hikers of encountering bearsでも十分意味が通ります。以下はthe dangerなし。

訂正文4:
● make a point of warning hikers
→ make it a point to warn hikers
● of the danger of encountering bears
→ of encountering bears
  1. They make it a point to warn hikers of encountering bears.
訂正文5:
● hikers of
→ hikers about
● the danger of encountering bears
→ encountering bears
  1. They make a point of warning hikers about encountering bears.

ちなみにofの前置詞句を3つともなくすと以下のab.文。

  1. They make it a point to warn hikers about encountering bears.
[問5]
冒頭の英文のThere's no doubt that will power is the key to success...のdoubtをquestionに代え、There's no question that will power is the key to success...としても意味は変わらないが、技法レベルで変わる点はないか。

questionは「問題」ですが、ここではquestionが問題なのです。ここでは技法レベルでquestionよりdoubtのほうが見栄えすることThere's no question about it.(疑う余地なし)という問題なのです。同一構造・構文の反復テクニックは同一文中のみで使う表現技法ではありません。パラグラフ(paragraph)内で同じ構造パターンを繰り返し表現効果を高めることも、パラグラフ間のつなぎ(linking)や照応をよくするために活用することもあります。以下4つのパラグラフ(ac.は冒頭の英文)を比較してみましょう。

  1. There's no doubt that will power is the key to success, and that the more you have of it, the more likely you are to make it. Although it is not so clear how one's will effects the desired results, there's no denying that where there's a will, there's a way.
  2. You have no doubt that will power is the key to success, and that the more you have of it, the more likely you are to make it. Although it is not so clear how one's will effects the desired results, there's no denying that where there's a will, there's a way.
  3. There's no doubt that will power is the key to success, and that the more you have of it, the more likely you are to make it. Although it is not so clear how one's will effects the desired results, it cannot be denied that where there's a will, there's a way.
  4. There's no question that will power is the key to success, and that the more you have of it, the more likely you are to make it. Although it is not so clear how one's will effects the desired results, there's no denying that where there's a will, there's a way.

「there's no+1語+that節」の構造パターンをパラグラフの要所――第1文の文頭、第2文の文末――に配したac.の文構造は完璧で、密度の高い、緻密なパラグラフになっています。しかし、There's no doubt that...(ac.) → You have no doubt that...(ad.)、there's no denying that...(ac.) →it cannot be denied that...(ae.)と置き換えると、構造パターンは崩れ、パラグラフの構成力とアピール力は弱くなります。there's no denying that...(ac.) →there's no question that...(af.)と入れ換えても構造パターン自体は崩れませんが、no doubt、no denyingと響き合う語頭「d」のdoubt、denyingの呼応が消失し、その分「模様」はぼけてしまいます。

[答]
「there's no+語頭「d」の1語+that節」の構造パターン(There's no doubt that...、there's no denying that...)が「there's no+1語+that節」の構造パターン(There's no question that...、there's no denying that...)に変わり、構造パターンの鮮明度が低下し、表現効果も低くなる。
[問6]
構造パターンという視点で冒頭英文のthe more you have of it, the more likely you are to make itの部分を見ると、どんな「巧み」が見つかるか。

便宜上この部分を独立させるとag.――「the+比較級」の構造パターンを反復するお馴染みの「the+比較級, the+比較級」構文ですが一味違いますね。

  1. The more you have of it, the more likely you are to make it.

2節(The more you have of it、the more likely you are to make it)の各文頭がthe more、文末がitで「the more...it, the more...it」の反復パターンになっているところがag.の一味違う「味噌」――2つのitの1つ目はwill power、2つ目のitはcatch it(しかられる)、rough it(不便さを忍ぶ)、for the fun of it(おもしろ半分に)、on the face of it(一見したところ)のようにイディオムの中によく見つかる「状況のit」でmake itは「成功する」、文頭・末の強調の位置でのthe more、it反復がag.の「巧み」ですね。ag.と以下3文を比較すれば、「the+比較級プラスit」のプラス効果は一目瞭然。

  1. The more will you have, the more likely you are to succeed.
  2. The more you have of it, the more likely you are to succeed.
  3. The more of it you have, the more likely you are to make it.

aj.にはitが2つありますが、itが構造パターン化していません。実のところag.はaj.のThe more of itのof itをThe moreから分離しhaveの後に移動することで変形的に生成したもの、ここにも「巧み」があるわけです。ちなみにこのタイプの変形を外置(extraposition)と呼んでいます。

Where there's a will, there's a way.の構成美は「there is構文」と、主語「a+語頭wの1語(a will、a way)」の2つの構造パターンの巧みな反復にある点はすでに確認しましたが、この諺のもう1つの構造パターンに気づいていますか。この諺をもう少しかみ砕いて表現すると以下になりますね。

  1. Where there's a will to accomplish something, there's a way to do so.

a willもa wayもその後にto不定詞が接続する名詞、「a+語頭wの1語+to不定詞句」という構造パターンが背後に控え、a willとa wayのコントラストを一層際立てているのです。冒頭でこの諺に「英語のスピリットが顕現」していると言いましたが、確かにこの1センテンスは英語の本質を雄弁に語っています。英語をマスターするためには、この諺が語る英語の本質、つまり「英語は文法プラス技法のことば」を悟る必要がありますよ。

Where there's a will to master English, there's a way to make that happen.
英語をマスターする意志のあるところ、それを実現する方法あり

Copyright © 2006, 2007, 2011, 2012 遠藤緯己 All rights reserved.

Next: 英語、ことわざ10選-9. No pain, no gain.
Prev: 英語、ことわざ10選-7. No news is good news.

 ^^ Back to Top

英 語 学 習
21世紀の選択

Choice of Choices
21世紀はライティング力がモノを言う

英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

http://www.e-dojo.jp

ハイテク英語道場
  • Unit1文法プラス技法
  • Unit2テクニックの3タイプ
  • Unit3簡潔プラス簡潔化
  • Unit4強調プラス強調構文
  • Unit5構文プラス構文展開
  • Unit6変形プラス変形テクニック
  • Unit7ingで人生学

今はTMがある

■■■■■■■■■■■■
英語教育のSEA CHANGE  
英語学習のGAME CHANGER
■■■■■■■■■■■■

With the TM System now in place,  
it's time to move on and on and on.

TMシステム

芭蕉の名句は

古池や 蛙飛び込む 水の音

で、

古池や 蛙飛び込み 水の音

ではない。

世界一有名な俳人の世界一有名な俳句が
世界的に誤訳になっているとしたら。

古池

英語で俳句、俳句で英語

ライティング力がモノを言う
21世紀にモノ申す、

英語のライティング、ライティングで英語

文法プラス技法の英文ライティングは
和文英訳レベルの英作と本質的に違う

英語教育のthe moment of truth

英語の仮定法って、どんなmood?

皆が間違ったことを教えているから
といって、誤りは正しくならない。

英語教育版『裸の王様』のお話

英語学習にもドラマが
ありえるなら、
英語教育にも劇的瞬間が
ありえるなら、
それは
英語革命NOW!

英語習得、英語マスター、英語革命NOW!


一直線、英語マスター

beelineの英語online講座

ここが英語マスター直行路「TM」の門

TM(The Thorough Mastering System):
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

Time to spread your English wings.
Swing into action.