Hear no evil, see no evil, speak no evil.
(見ざる、聞かざる、言わざる)

In a world where religious fanaticism can be identical with terrorism and suicide can be, as in the case of suicide bombings, synonymous with homicide, not seeing or hearing any evil is anything but easy. Still, it is within our power to speak no evil.
(宗教的熱狂がテロであり、自殺が自爆テロのように殺人でありえる世にあって、見ざる聞かざるは容易ならざること。それでも言わざるは実行できることですね)

目、耳、口を手でふさいだ「三猿」の置物つきで「見ざる、聞かざる、言わざる」の「3ざる」とくれば、猿はニッポンザルで、諺の原作者はニッポン人と思ってしまいますが、原産地は古代オリエントのようですね。この東洋の知恵の「3ざる」は西洋にも輸出され、英語の知恵――表現テクニック――でめかしこんだのがこのno evilの3つ揃え。その知恵の名は「3のテクニック」、かの有名なリンカーンのgovernment of the people, by the people, for the peopleと同じ3つの手法――1.同語句(no evil、the people)3反復 2.並列(parataxis) 3.漸層法(climax)――を併用するパワフルな3のテクニック。

「人の批判を恐れず、自ら信ずることを言動で表せ」と直接言わずに、3のテクニックで反語的に表現したのは以下。

To avoid criticism, do nothing, say nothing, be nothing.
(批判されたくなかったら、何もせず、何も言わず、何てことない人でいることだ)
Elbert Hubbard

同一の否定語(no evil、nothing)の「3」反復、接続詞(ここではand)を使わない並列構造、並列した3語句の3つ目を一番重くする漸層法仕立―と造りは全く同じと見えて、一味違うのがbe nothingの構造。補語nothingは「取るに足らない人」の意で肯定語、つまりbe nothingは肯定文、nothing = not anything(Do nothing. = Don't do anything./Say nothing. = Don't say anything.)のイコール関係からBe nothing. → *Don't be anything.と変形することはできません。同一語(nothing)の「3」反復でも、実は同一の否定語(nothing)ではないこのnothingのすり替えトリックはsomething(なかなかのもの)。

TOEICなるもの、英語教育家の目で見ると、それ自体は有益ながら、過大評価と「TOEIC対策」過熱で英語学習を英語習得の本道からそらし、学習者を表層的近視眼的英語学習に駆り立てる大きなマイナス面のため、両刃の剣――TOEICはふだん着(テスト勉強なしの平素の実力)で受けるテスト、以下はTOEIC受験の英語教育スローガン、表現の切れ味は「3」のトリック。

TOEICはふだん着で!

Take the TOEIC test as it is. Take the TOEIC test for what it is. No need to be dressed to the nines to take the TOEIC test.
(ありのままにTOEICを受けとれ。ありのままにTOEICを受けとれ。おめかししてTOEICを受ける必要なし)

take the TOEIC testが3度、同じtake the TOEIC testでも「TOEICを受ける」三度目の正直は最後のtake the TOEIC test。

同語句を繰り返し3度使う「3のテクニック」は表現テクニックの大物、人類の激動期に歴史の大舞台で見事に大役を果たしていますね。歴史を創った大事件を刻んだ名言を創った「3」の魅·威·魔力を検証してみましょう。

1863年、南北戦争、アメリカ大統領 Abraham Lincoln

...we here highly resolve...that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.
(…ここに、人民の、人民による、人民のための政治をこの地上より消滅させずと固く決意する)

1942年、第2次世界大戦、イギリス首相 Winston Churchill

Now this is not the end. It is not even the beginning of the end. But it is, perhaps, the end of the beginning.
(さてこれが戦争の結末ではありません。終結の始まりでさえありません。しかし、たぶんこれは序盤戦の終わりでありましょう)

2001年、同時多発テロ、アメリカ大統領 George W. Bush

We will not tire, we will not falter and we will not fail.
(私たちはたゆまない、私たちはくじけない、私たちはしくじらない)

the peopleが3度、the endが3度、we will notが3度――単純に見えても、英語の技法は奥深いもの、例えばgovernment of the people, by the people, for the peopleの3前置詞句の語順が1.や2.であったらどうでしょうか。

  1. government by the people, of the people, for the people
  2. government for the people, of the people, by the people

数学的組み合わせなら6通りの並べ方が可能ですよ。同じ語順でもand入りだったらどうでしょうか。

  1. government of the people, by the people and for the people

リンカーンは「3のテクニック」に「漸層法」と「並列」を併用、3つの手法が手と手と手をつないだ相乗効果がこの地上より消滅することのない「3人民」のアピール力――同様にチャーチルもブッシュも他の表現技法を併用、暗い背景の中で三者三様に鮮やかに咲かせた大輪の「3のテクニック」。

戦時でも平時でも、記事でも小説でも、政治でも商業でも、この「3」のattraction(引力)は引っ張り凧。

Go! G0! G0!
As far as English and your English go,
going TM is the way to go. TMシステムでいくのが正解です。

Go! を3回、go(現在形)、going(動名詞)、to go(to不定詞)とバリエーションをつけて再度goを3回――これは私が発明した和·英文一体成形コピー、TMは私が創始した文·技法一体英語学習教育。

TMシステム(The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

 ^^ Back to Top


英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

プロを知って、英語を知る

プロ英語教育の1箇月
1万円のプロ英語学習

The truth is, English is in no way
what you have thought it is.

 英語は論理的な言語と言われてきたし、実際、非常に論理的な言語であるが、あなたは本当に英語の論理の通り方、通し方がわかっているだろうか。
 英語力を根本的に伸ばし、伸び続ける英語力を根本的につくりあげるためには、まず、英語の見方、見え方が変わる必要がある。

Aim high. Time to spread your
English wings. Swing into action.

英語オンライン講座
TMシステム入門講座

英語の門、英語入学の100日

受講料:3万円 (税別)

TMシステム入門講座受講案内

英語を英語たらしめている
英文法と英技法に関して
知識不足がある限り、
理解不足がある限り、
実力不足であり続ける。

TMシステム (The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

時  は TM
TiMeもTM

Time flies.  Now is the time
to spread your English wings.