No news is good news.
(便りのないのはよい便り)

In today's world of e-mail, “No news is good news” no longer seems to ring true because no one would think that no e-mail is good news, although, to those who, to their chagrin, are unable to spurn a swarm of spam, there is no doubt that no spam is good news.
(eメールの当世にあって、メールのないのはよい便りと誰も思わないでしょうから、「便りのないのはよい便り」はもはや真実っぽく聞こえませんね。くやしいかなスパムの大群をはねつけることあたわぬ人たちにとって、スパムのないのはよい便りであるのは確かでしょうが)

[問1]
以下の文の空所に適語を1語入れなさい。
  1. (        ) measures need be taken at this point.

例えばsomeを入れると非文法なb.になる、これは純然たる文法問題。

  1. *Some measures need be taken at this point.

need be takenでneed to be takenでないからにはneedは助動詞(auxiliary verb)、助動詞needは否定文(negative sentence)、疑問文(interrogative sentence)で使うのが文法ルール―――見して疑問文でないa.文は、この故に否定文にならねばならない文法の定め。

[答]
a1.
No measures need be taken at this point.
(現時点ではなんらの処置も講じる必要はない)
a2.
Few measures need be taken at this point.
(現時点では処置を講じる必要はほとんどない)
[問2]
以下の文の空所に適語を1語入れなさい。
  1. (        ) medicine need be taken at this point.

空所に入るのが否定語(negative)である点は[問1]と同じですが、その数が3つで[問1]より応用問題――c1.、c2.のmedicineは不可算名詞(uncountable)、一方c3.のmedicineは薬の種類で可算名詞(countable)、ここが応用。

[答]
c1.
No medicine need be taken at this point.
(現時点で薬の必要はありません)
c2.
Little medicine need be taken at this point.
(現時点で薬の必要はほとんどありません)
c3.
Neither medicine need be taken at this point.
(現時点ではどちらの薬も飲む必要はありません)

否定の数量詞(quantifier)no、few(a fewでなく)、little(a littleでなく)、否定の指示形容詞(demonstrative adjective)neitherを冠する主語の文が否定文にならないということは文法上ありえないこと、それは英文法の不可能――ですが英語は「文法プラス技法」のことば、文法レベルの不可能も技法レベルで可能になる、そんな文法超越をやってでもあくまで表現的可能性を追求するのは英語のスピリット。

文法レベル 否定文:
  1. No news is good.
    (よい知らせはない)
技法レベル 肯定文:
  1. No news is good news.
    (便りのないのはよい便り)
文法レベル 肯定文:
  1. That there has been no news is good news.
    (便りのないのはよい便り)

1語newsの反復でd.→e.と文のタイプも文意も一変、that there has been no newsの意味がたった2語no newsで表現できる反復手法の手品。

この英語特有の反復テクニックの表現形式を解説すると以下になります。

  • S+V+Cの文型で主語「no+名詞」と同じ名詞を補語で反復、主語のnoは修飾する名詞のみを否定し否定文を形成しない。

冒頭の英文で同形式でないno e-mail is good news、no spam is good newsを「メールのないのはよい便り」「スパムのないのはよい便り」と意味づけるのは、あくまでNo news is good news.の文脈に便乗した特別扱い。

この反復技法を活用した別の諺もありますね。

  1. No answer is also an answer.
    (ことわざ: 返事がないのも返事)

比較構文でこの反復テクニックを応用する手法もありますが、その場合は主語「no+名詞」の名詞の反復は補語ではなく、thanの後にきます。

  1. No agreement is better than a bad agreement in many ways.
    (無協定の方が不利な協定より多くの点で有利である)

毎日メールを受信し、毎日メールを発信するのが当たり前の現代人にとって、「便りのないのはよい便り」はインターネットのなかったひと昔前のおくゆかしい諺――ですが、21世紀の今を生きるニッポンの英語学習者はこのウェブ上で今こそ英語の諺No news is good news.のメッセージをしっかり受け取る時。

英語からのお便りNo news is good news.のメッセージ:
英語は文法プラス技法のことばですよ、
今も昔も、これからも。

グローバル化21世紀の英語学習のgood newsはTMシステム

In our age of the Internet, no news is good news sounds a bit out of date. But the good news is that the proverb has rejuvenated itself as a messenger of the spirit of English.
インターネットの時代に、「便りのないのはよい便り」はやや時代遅れの感あり。ですが、この諺が英語のスピリットを伝達するメッセンジャーとして若返ったことは、よい知らせ。

 ^^ Back to Top


英語オンライン講座
ハイテク英語第1道場

プロを知って、英語を知る

プロ英語教育の1箇月
1万円のプロ英語学習

The truth is, English is in no way
what you have thought it is.

 英語は論理的な言語と言われてきたし、実際、非常に論理的な言語であるが、あなたは本当に英語の論理の通り方、通し方がわかっているだろうか。
 英語力を根本的に伸ばし、伸び続ける英語力を根本的につくりあげるためには、まず、英語の見方、見え方が変わる必要がある。

Aim high. Time to spread your
English wings. Swing into action.

英語オンライン講座
TMシステム入門講座

英語の門、英語入学の100日

受講料:3万円 (税別)

TMシステム入門講座受講案内

英語を英語たらしめている
英文法と英技法に関して
知識不足がある限り、
理解不足がある限り、
実力不足であり続ける。

TMシステム (The Thorough Mastering System)
英語の文法と技法の全容を実際的に深く、
深く実際的に教えきる初の英語習熟教育。

時  は TM
TiMeもTM

Time flies.  Now is the time
to spread your English wings.